Copyright(c) 2017 SAKU PUBLISHING Co., Ltd. All Rights Reserved.

高山れおな句集『冬の旅、夏の夢』

今、遥かなる旅の途上。

「朝日俳壇」新選者、高山れおな氏による6年ぶりの第四句集。
本書はⅠ章に旅吟8篇、Ⅱ章に日常詠17篇を収める二部構成。

「イスタンブル花鳥諷詠」に始まり、「ふらんす物語」 「富士山記」

「ロンドン秋天」など多くは国内外の旅をテーマとし、

作者のこれまでの作風に新たな魅力を加えている。

山口誓子の『黄旗』、山口青邨の『雪国』を特に参照したという

海外詠の文体にも注目。

異国的な背景の中に独特の詩情を湛え、旅に携えたくなる一冊。

「日本で一番、句集を作ることが好きかもしれない」と語る

著者の最新句集!

発行 2018年12月7日
装丁・装画 日下潤一
四六判上製本 144頁

本体価格 2800円(+税)

※ご購入時には、表面右下と裏面バーコード部分にシールが貼付されています。

このシールはきれいに剥がせますが、タイトル部分(題簽)は剥がれない仕様と

なっています。予めご了承ください。

直接​小社にお申込みいただくか、お近くの書店でのお取り寄せ、またはAmazonでのご購入が可能です。​​詳細はこちらへ

◆自選12句抄

夏至の陽に燦と欧亜を分かつ海
変ロ短調的秋だticktackさよなら倫敦
秋の蟬死ぬまで鳴かせ城美(は)しき
夜寒さのゲル打つ雨か星か知らず
七珍万宝積みて教皇(パーパ)ら冬眠す
日本中デコトラ走る建国日
木隠れに春の鹿みなガラスの眼
大藏彌右衛門行け行けに舞ひ年行かす
身にしむといふは春もよ昼寝覚
数々の窓の朝日や衣更へ
出歩いてハート撃ち抜かん業平忌
我が汗の月並臭を好(ハオ)と思ふ

◆目次より

Ⅰ イスタンブル花鳥諷詠
  ふらんす物語
  富士山記
  ロンドン秋天
  Family Vacation
  乙未蒙古行
  ローマにて
  はるひ、かすがを

 

Ⅱ お年玉  初映画  みな死んでゐる  春荒  歌に残りて

  夢赤き  新池の春  イクヤーヌスの鏡  ハート撃ち抜かん  

  蝙蝠とうなぎ  パイク・レッスン―誌名供養篇  夏の夢

  ブレボケアレ  葉山海岸花火大会  ハオ  秋深くする  食魔たち

<著者略歴>

高山れおな(たかやま れおな)

1968年茨城県生まれ。俳人。20歳より俳句を始める。

1992年頃、「俳句空間」の新鋭作品欄に投句。

1993年より俳誌「豈」に参加し、現在に到る。

1999年、『ウルトラ』でスウェーデン賞を、2006年、『荒東雑詩』で加美俳句大賞を受賞。

2009~10年、筑紫磐井・対馬康子と共に『新撰21』『超新撰21』を編集刊行。

2018年7月より朝日俳壇選者。