ブックレット朔 創刊1号

◇◇◇目次紹介

 

特集

金子兜太句集『百年』を読む―さすらいの彼方へ

 

生誕100年(2019年9月23日)に合わせて刊行された

金子兜太の最終句集『百年』を、第一線で活躍の執筆陣が読み解き、兜太俳句の晩年について多角的に考える一冊。

句集『百年』と合わせ読むと、兜太俳句をより深く味わい、理解することができる。

宇多喜代子・高野ムツオ・田中亜美・神野紗希の各氏によるシンポジウムは必読。

また、本書で誌上初公開となる「金子兜太筆の軍事郵便」は戦地からの兜太の言葉を、74年の歳月を経て今に伝える貴重な資料である。

発行 2019年9月23日

編集 朔出版
デザイン 真田幸治
四六判並製 112頁

本体価格 700円(+税)

直接​小社にお申込みいただくか、お近くの書店でのお取り寄せ、またはAmazonでのご購入が可能です。​​詳細はこちらへ

主な内容

●エッセイ:宮坂静生・柳田邦男・黒田杏子・いとうせいこう

      佐佐木幸綱・中村和弘・高山れおな・堀之内長一

●『百年』解説:安西 篤

●公開シンポジウム「兜太俳句の晩年」

 宇多喜代子   高野ムツオ   田中亜美  神野紗希   

 宮崎斗士(司会)

 

●『百年』一句鑑賞 

仁平勝 小澤 實 池田澄子 櫂 未知子  夏井いつき  細谷喨々 今井 聖 酒井佐忠

永瀬十悟 友岡子郷 岩岡中正 対馬康子  黒岩徳将 筑紫磐井 田島健一 小林貴子

坪内稔典 橋本榮治 鍵和田秞子 大串 章 橋本 直 岸本尚毅 

●新資料発見 戦地からの手紙―兜太から父・伊昔紅へ

 解説:田中亜美

 

●心に残る 師の言葉

石川青狼 伊藤淳子 小野裕三 塩野谷 仁 篠田悦子

武田伸一 月野ぽぽな 中内亮玄 野﨑憲子 前川弘明 

松本勇二 宮崎斗士 柳生正名 山中葛子 

 

◆連載 宇多喜代子の本棚  9

<金子兜太(かねこ とうた)略歴>

1919年9月23日―2018年2月20日。俳人。

埼玉県の秩父で育つ。18歳より俳句に熱中し、のち加藤楸邨の「寒雷」に所属。

東京帝国大学経済学部卒業後、日本銀行に入行。

海軍経理学校を経て1944年、海軍主計中尉としてトラック島に赴任した。

1946年に帰国し戦後の社会性俳句、前衛俳句の旗手として活躍、俳句史に残る

多くの俳句と評論を発表した。1962年「海程」創刊。1983年、現代俳句協会会長。

日本詩歌文学館賞、蛇笏賞、菊池寛賞、朝日賞など受賞多数。

生前の句集に第一句集『少年』から第十四句集『日常』、

著書に『荒凡夫 一茶』『語る兜太』他多数。

生涯現役で現代俳句を牽引し、晩年は「平和の俳句」など全身全霊で反戦を訴えた。

2018年2月20日、急性呼吸促迫症候群により他界。享年98。

Copyright(c) 2017 SAKU PUBLISHING Co., Ltd. All Rights Reserved.